コスパは最高!いろいろすごい!?長野県南相木村の「滝見の湯」

クマの相木森之助くん!(※イス)

都道府県別で、“温泉数・全国第2位” の温泉天国・長野県! 気軽にふらりと立ち寄れる「日帰り温泉」を中心に紹介する企画『日帰り温泉ナビ』。今回は長野県南佐久郡南相木村の「滝見の湯」をレポート。

いろいろすごい!南相木村

南相木村といえば以前から気になっていることがある・・・それはコレ。

南相木村と北相木村があること。なんで?

長野県南佐久郡南相木村は、長野県の東南部に位置する群馬県と県境を接する自治体だ。ちなみに、2018(平成30)年時点での人口は953人で、隣の北相木村の人口は761人。

南相木村と北相木村は、民主主義と共産主義めぐるイデオロギーによる対立が元となり分裂した・・・というのは大嘘で、元々は相木村(相木の里)という1つの村(地域)だったそうだ。しかし、室町時代(戦国時代)に南北に分立したといわれている。

南相木村の教育委員会の方のお話によると、2つの村をまたぐ御座山にそれぞれ源流に持つ栗生川流域を南相木相木川流域を北相木と呼称したことが、そのはじまりとする説があるそうだ。

以来、長きに渡ってそれぞれ単独の村(地域)として存続し、1889(明治22)年の町村制の施行により、それぞれが単独で自治体を形成することになる。

昭和や平成の大合併においても、ほかの自治体と合併することなく、今日までその名を残して存続してきたわけだ。どちらの村も戦国時代から続いていることになるわけで、単純に計算しても400〜550年以上の歴史があることになる・・・すごい。

ちなみに、この2つの村には長野県道2号川上佐久線が通っている。以前、“栄光の長野県道1号線”についての記事を掲載したが、今回は“長野県ナンバー2”の県道を通って目的地に向かうことになった。

長野県道1号線は愛知県と静岡県に続く!?“3県をまたぐ”珍しい県道を走破!【前編】

長野県道2号線を進んでいくと・・・

県道沿いに湖があった。全面凍結している

湖上ではワカサギの穴釣りをしている人がいた

この湖の名前は立岩湖1年を通じて釣り場として人気が高く、ワカサギの他にもヒメマスや、長野県の特産魚であるシナノユキマスも釣ることができるという。

立岩湖には伝説がある。それはこの場所が、4人ものオリンピック代表選手=菊池姉を育てた“天然のスケートリンク”であるということだ。

2018(平成30)年に開催された、平昌冬季オリンピックで金メダルを獲得した次女の菊池彩花(あやか)選手を筆頭に、三女の悠希(ゆうき)選手、四女の萌水(もえみ)選手、五女の純礼(すみれ)選手の姉妹は南相木村出身で、立岩湖の天然リンクでスケートをはじめたそうなのだ。

しかし、人口が1,000人ほどの村に4人ものオリンピアンって・・・単純計算すると村民の250人に1人がオリンピックに参加したことになる。しかも金メダルまで獲っちゃうって(こちらは計算する必要も無いが、村民の1000人に1人の割合)・・・すごい。

そんなことをあれこれ考えていたら、ほどなく南相木温泉「滝見の湯」に到着した。

 

次のページは >> なんでこんなにコスパがいいの?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。