いったい何店あるの!?長野駅にある“駅そば”全店鋪を調査してみた

駅の構内やホームにあって、ささっと食べることができる“駅そば”

駅を訪れる理由が通勤・通学や買い物といった生活の営みであっても、また、観光や出張といった一期一会の機会であっても様々な列車が行き交う駅という空間で、気兼ねなく食べることができる元祖ファーストフード。ちょっとした旅情を味わえるのもまたいい。

長野駅を利用するたびに「なんか駅そば店がたくさんあるよなぁ・・・」と思っていた。ということで今回思い立って長野駅には駅そば店がいったい何店舗あるのか調査してみることにした。

和風テイストな長野駅

長野駅には北陸新幹線と、JR・信越本線、しなの鉄道・北しなの線、長野電鉄・長野線が乗り入れている。また、信越本線経由でJR・篠ノ井線としなの鉄道線が、北しなの線経由でJR・飯山線が乗り入れるターミナル駅だ。

長野駅周辺の路線図(画像:JR東日本長野支社より)

まずは“善光寺口”から調査開始!

長野駅の正面口とも言える善光寺口から調査開始!

エスカレーターで2Fへ

善光寺口と東口を結ぶ東西自由通路

長野駅の善光寺口からエスカレーターで2Fへ上がると、善光寺口と東口を結ぶ自由通路になっている。

自由通路を東口に向かって進んでいくと・・・

右手に見えるのは・・・お!

あったー! 1店目「ナカジマ会館」

ナカジマ会館は、1950(昭和25)年に開業した長野駅最古参の駅そば店だ。

しかし、2007(平成19)年に惜しまれつつも閉店。2015(平成27)年に駅ビル「MIDORI(みどり)」のリニューアルオープンとともに復活したとのこと。

定番メニューに加え

「信州きのこそば」なるメニューも!

  • 店舗名:ナカジマ会館
  • 所在地:善光寺口2F・駅ビルMIDORI入口付近
  • 営業時間:7:00〜20:00(不定休)

一杯食べて行きたいところだが、今日の目的はあくまでも「全店調査」ということで先に進む。

さらに自由通路を東口の方に進んでいく。在来線、新幹線の改札を過ぎて進んでいくと・・・

東口へ

広場(ペデストリアンデッキ)に出て、左側の階段を降りると・・・

お!

あった! 2店目「水芭蕉」

長野駅前といえば駅開業当初より善光寺口側が発展しており、東口は新幹線が開通したタイミングで(1997<平成9>年)再開発されたエリアだ。

周辺にはビジネスホテルなども多く、県内の観光地に向かう特急バスの発着場などもあり近年大きく発展した。駅そばの需要もありそうだ。

メニューにある(上)が気になるクオリティー的なものを示している?)。あと鹿肉って・・・

  • 店舗名:水芭蕉
  • 所在地:東口1F
  • 営業時間:8:00〜20:00(無休)

さて今度は地下へ向かう。

次のページは >> 地下通路を通って長野電鉄・長野駅へ