長野県長野市の老舗「ふくや」で「中華そば」!かつて裾花川は市街地を横断してた!?

醤油の味がじんわりうまい「中華そば」

ぽっかぽかの日曜日。川の土手を自転車で走っていた。

場所は、長野県長野市を流れる裾花(すそばな)川。その堤防道路では、運動部の学生たちがランニングをしたり、犬を連れた人たちが散歩を楽しんでいる。

極めてのどかである。しかし、天気のいい日に“ぽやん”と何も考えずに、水の流れを眺めつつ川沿いを行くのはとても気分がいいものだ。

裾花川は長野市・旧戸隠村にある日本百名山のひとつ高妻山を源流とし、善光寺平(長野盆地)に至る川で、長野市街地では「県庁通り」と平行して南下。丹波島橋付近で犀川と合流する。

丹波島橋付近で犀川と合流する。右が裾花川

丹波島橋にある“常夜灯”。かつてここが善光寺表参道の入り口だった

地図を見るとわかるが、裾花川は県庁のすぐそばでその流れを南へと変える。

これは、江戸時代に行われた治水工事によるもので、実はもともと、裾花川は県庁から東に向けて流れていた。県庁付近から新田町、七瀬、高田、風間、長池あたりを抜け屋島一帯で千曲川に合流していたそうだ(参照:北陸建設弘済会『千曲川の今昔』)

ざっくりと、GoogleMap上でその地名を繋いでみると、今の姿との違いがわかり面白い(昔のままだったら長野駅と善光寺の間には川が存在していたことになる)。実際には旧流路は1本の川ではなく扇状に広がっていたとのことで、その一部は「善光寺用水」として転用されたそうだ。

そして、その名残は現在でも地名として残っている。

ちなみに長野市七瀬の地名は、そこで裾花川がいくつもに分流していたからであり、大豆島は裾花川と犀川のあいだにあったことからの名という。(長野県土地改良史編集委員会『長野県土地改良史』長野県土地改良事業団体連合会、1999年より引用)

裾花川を沿いを行く

天気がいいのでふらふらと出かけてきたが、一応目的がある。実はこの川沿いを北上していくと“いい感じ”のラーメン店があると知人に教えてもらったのだ。

この場合の“いい感じ”とは、お店に個性があって、気取っておらず、質実剛健。近隣に住む人からこよなく愛されるような店のことだ。

というわけで、河口から裾花川をたどりつつ行ってみることにする。

裾花川の河口にもっとも近い「あやとり橋」。上流に向かって進む

看板があった。「裾花川ウォーキングロードマップ」

「裾花川ウォーキングロード」とは、堤防と川の間に作られた歩行者専用道路で、地元の工業高校の土木課の生徒たちも、その設置に関わっているそうだ。ちなみに雨が降ったら立ち入り禁止となる。

歩行者専用道路なので自転車では通れないが、地元の人のいいお散歩コースなんだろうな。

たしかに、大雨になったら水没しそうだ・・・だから立ち入り禁止になるのだろう

漁業組合を発見!が、魚を釣っている人は見かけなかった。さらに北上

信州味噌のグローバル化を進めるマルコメ味噌。あたりには大豆を煮たようなにおいが漂う

「相生橋」だいぶ川幅が狭まってきた

県庁付近まで来た。ここで川沿いの舗装路は終わり

この場所は県庁から距離にして100mほどの場所なのだが・・・ちょっとそう見えない・・・よね?(自然が豊かすぎ)。全国的にもこれだけ山(旭山)と川のすぐ近くに立地する県庁は珍しいのではないだろうか?

ちなみにここまで、こんな感じにたどってきた。

長野県庁。写真左に旭山の裾野が見える

さて、ここから裾花川と県庁の間にある道に入る。すでにお腹はペコペコだ。

「うるおい館」の大きな看板が立つ道を進む

住宅地を抜けていく(ところどころに「うるおい館」の看板あり)。すると・・・

左手に水の流れが・・・これが善光寺用水とのこと。ホタルが出るらしい

用水の奥には裾花川と断崖が。さらに進んでいくと・・・

日帰り入浴も可能な、温泉「うるおい館」が見えてくる

さらに進むと電柱に看板が!

そして「ふくや」に到着!

 

次のページは >> “夜鳴き蕎麦”から続く「ふくや」