交差点の名前が「ねずみ」!?長野県坂城町と上田市でその理由を徹底調査!

国道18号線を車で走っているとこんな交差点を見つけた

すぐに連想したのは、十二支(干支)の筆頭にして『ドラえもん』が嫌いなあの生き物のこと。

しかし、交差点の名前としてはかなりユニークではないだろうか? そして、その生き物とこの場所とは何か関係があるのか?

「ねずみ」交差点は、長野県坂城町と上田市との境付近、国道18号線にある。

この交差点は、なぜこのような名前になったのだろう? 気になってしょうがないので現地に降り立ってみた。

「ねずみ」の近くをうろチョロ

国道18号線は、群馬県の高崎市から長野県軽井沢町、小諸市、上田市、長野市などを経由して新潟県上越市に至る道だ。

坂城町の「ねずみ」交差点から長野市方面を望む

続いて上田市方面を望む

「ねずみ」交差点はT字路

国道18号線の国道標識がある

交差点から上田市方面に進んでいくと・・・

公民館発見! 鼠・・・“宿”?

立派な佇まいの鼠宿公民館

「『ねずみ』ってもしかして、昔の街道の宿場なのかな?」と思いつつ、さらに国道を進んでいくと、疑問が氷解した。

一里塚橋と書いてある。そばには・・・

「北国街道鼠宿跡」という看板が!

やはりこの地は北国街道の宿場のようだ。

かつて東京・日本橋から群馬県を経由し長野県御代田町の追分(おいわけ)宿までを中山道、追分宿を分岐点とし新潟県上越市までを北国街道と呼んだ。そのルートは現在の国道18号線にほぼ該当する。

北国街道は善光寺への参詣の道としてはもちろん、佐渡で産出される金を江戸に運ぶため、また北国大名たちの参勤交代の道としても重要視されていたという。

北国街道鼠宿とは?

では、鼠宿とはどのような宿場だったのだろう? 看板の説明を要約すると、

  • 鼠宿は北国街道の上田宿と坂木宿の間にあった
  • 幕府公認の宿場ではなく松代藩(真田家)が独自に設けた
  • 取り締まりは関所なみに厳しかった
  • 「岩鼻(いわばな)」と呼ばれる街道の難所があり、交通、経済、政治上の要衝だった

といったところ。

つまり、「ねずみ」交差点は、かつてこの地に鼠宿と呼ばれる宿場があったためその名前が付けられたということだ。

さらに付近を捜索してみる。

北国街道も今では「坂城ばら街道」。ねずみバラの会が管理しているらしい

ねずみ歩道

「ねずみ」交差点近くに、古くからありそうな建物が・・・

近くで見ると、すごく立派な建物だ

えっ? 明治天皇がここで・・・

巡幸(じゅんこう)中に小休止した? ということはここって・・・

鼠宿の本陣!? 建物の瓦には六文銭(真田氏の家紋)が

本陣とは、大名などが泊まった宿場の中でもっとも格式が高い旅館のことだが、坂城町役場観光振興課に問い合わせてみたところ、ここは本陣ではないとのことだった。しかし、真田氏の痕跡を見つけることができたのは嬉しい。

先ほどの看板には、「真田氏が上田から松代に国替えになったタイミングで宿場の造成に着手した(要約)」とあったが、ということは真田信之(上田藩、松代藩初代藩主)が鼠宿を設置したいうことになる。

真田信之。真田昌幸の長男にして、信繁(幸村)の兄。ともに戦国武将として有名だ
(画像:Public domain, via Wikimedia Commons)

しかしまだ疑問は残る。

看板には「当時、南条村と称していた金井村以南の地を鼠宿村と改め・・・」と書かれていたが、なぜ「鼠」という名前が付けられたのかまでは書かれていない。

さらに付近を捜索してみる。

「ねずみ」交差点の隣(長野市方面)にある交差点は・・・

「鼠橋通り」交差点。ということは・・・

やはり橋があった!

おお!「鼠橋」だ

鼠橋から千曲川を眺める。ん? 絶壁のようなものが・・・

ものすごく切り立ってる!・・・もしかして!?

千曲川にかかる鼠橋から上田方面を眺めて見ると、切り立った絶壁のようなものが見えたので地図で調べて見ると・・・

どうやら、前述した北国街道の難所にして交通、経済、政治上の要衝といわれた「岩鼻」のようだ。

これは行ってみるしかない。

次のページは >> 絶壁にして要衝!「岩鼻」に登る