アーティストの工房にカフェ「美場」が誕生!「中条アートロケーション《場》」次の野望とは?

角居さんと石澤さんをパチリ!

「中条アートロケーション《場》(以下、場)」は、長野県長野市の中条地区(旧中条村)に立地する、古民家を改装したアーティストたちの工房だ。

クラウドファンディング(※インターネットを利用して、不特定多数の人々から資金を集め商品開発や事業などを達成する仕組み)を実施して資金を調達。2018(平成30)年5月に“場”はオープンした。

限界集落にアーティストが集まる!?長野市・旧中条村「中条アートロケーション《場》」 アーティストの秘密基地!?長野市・旧中条村の「中条アートロケーション《場》」発進!

オープン後も、金属造形作家の角居康宏(すみい・やすひろ)さんが中心となって、老朽化した建物の改修、工房に必要な設備を追加するなどして改良が続けられてきた。

屋根のペンキは塗り直されて、窓ガラスなども新しくなった

“場”のエントランス

1Fは角居さんの工房として使用されている

さまざまな工作機械や道具類が置かれている

2Fの一角は、画家・絵師であるOZ(本名:山口佳祐<やまぐち・けいすけ>)さんが大きな作品の製作や、作品をストックしておくスペースとして利用している。

OZさんと壁沿いに並べられた作品群をパチリ

南側の窓から明るい光が入ってくる

そして、場のオープンからちょうど1年経った2019(令和元)年5月、念願だったというカフェスペース「美場(びば)」がオープンした。

美場のエントランス

そもそもの建物を活かしたかっこいい店内

反対側からもパチリ!

窓側にはカウンター席があり、コンセントも設置されている

コーヒーを煎れるカウンター

美場を取り仕切るのは石澤さんだ

石澤実菜美(いしざわ・みなみ)さんは、これまで“場”にマネージャーという役割で関わってきた方だ。今回、美場の開店に伴いオーナーとしてカフェを運営していくことになった。

提供するコーヒーのブレンドやフードメニューも試行錯誤しつつオープンにこぎ着けたとのことで、今後もさらにブラッシュアップを続けたいと語っていた。

メニューが記載されたボードの下にある窓からは、工房のようすを見ることができる

取材日に提供されていたメニュー。「スミちゃんカレー」が気になる・・・

美場で提供されるメニューは随時更新されるとのことで、今後はランチメニューなども提供していく予定ということだ。

というわけで「スミちゃんカレー(1,000円)」を注文

トッピングがいろいろと載っている

スミちゃんカレーは、角居さんが昔から仲間が集まるとふるまってきたというカレーのレシピを元に考案されたメニューだ。

スパイスから作る本格的なもので、角居さんは、このカレーを食べながら仲間たちと美術談義やさまざまな四方山話を繰り広げてきたという。つまり、思い入れたっぷりの“角居家の味”をいただけるというわけだ。

他にも・・・

「ゴリプレサンド(650円)」+「自家焙煎コーヒー(400円)」

このホットサンドの断面の模様の謎を解く鍵は、店内に飾られたお面にあるそうだ。

“いわれ”ついては美場で直接聞いてみて欲しい。ヒントは『ヘッド・ハンターズ』♪

水差しなどの金属器は角居さんの作品が使用されている。うーん豪華!

自家焙煎コーヒー(アメリカンも可)はとても味わい深かった

美場のメニューを堪能させていただいたところで、オープンから1年経過した“場”、併設カフェである美場の開店、そして今後の展開などについて角居さんにお話をお聞きすることにした。

 

次のページは >> オープンから1年経過した“場”と美場の開店について