長野県道1号線は愛知県と静岡県に続く!?“3県をまたぐ”珍しい県道を走破!【後編】

迂回路から県道1号線の終点を目指す

・・・しかし、この道は国道だ。しかも、生活に密接した道路のようだし迂回路がきっとあるはずだ。落ち着け。焦らずいこう・・・そして、来た道を戻り案内を探すと・・・

あった!

どうやら、国道473号線と県道1号線の交差点方面へ戻って途中で左折すればいいらしい。

よかった・・・これならほとんどロスはない。さて行くぞ!

国道473号線を引き返し、県道1号線との交差点を左折する

再び「いたわりゾーン」へ突入

しばらく進むと迂回路への入り口が!よかった!ここを左折する

左手に建設中の橋脚らしき構造物が見える

迂回路の周辺でも工事をしているみたいだ

巨大な橋梁を建設しているようだ。迂回路は河原を利用しているらしい

迂回路を進む。快走路。まさか天竜川の河原を車で走ることになるとは!

迂回路の区間はかなり長いが、全線で片側交互通行が実施されていた

そして、迂回路から再び国道473号線に合流。よし!

国道473号線の標識が立つ2車線路を快走

道路の左手には川が流れているが、この辺りからここまで長野県からずっと一緒だった天竜川に変わり、支流の大千瀬川となる。グッバイ天竜川!

道幅は広くなったり狭くなったりを繰り返す

国道473号線で錦橋を渡ると、県道1号線との重複区間が終了。右折すると設楽・東栄方面。左折して天竜・浦川方面に進む

再び県道1号線を進む。左前方には飯田線の鉄橋が見える

浦川駅付近で飯田線のガード下を潜る。飯田線ともずっと一緒にここまで来たなぁ

佐久間町・浦川集落の中を進む

県道1号の標識が立つ道をひたすら走る。ゴールはまもなくだ

ひたすら走る!

標識には県道1号線のマークと豊浦橋の文字が

県道9号線との交差点。直進すると豊橋・東栄方面。左折すると天竜・熊方面

そして「終わり」の標識が立つ中・・・

直進・左折ともに県道9号線。つまり、ここが県道1号線の終点だ

県道1号線の終点にはモニュメントが建っていた


国道473号線の通行止めから県道1号線・終点までのルート

終わりに

というわけで、長野県道1号線は本当に“3県をまたぐ県道”であることを確認した。

途中、思ってもみないトラブルにも見舞われたが、無事に走破できたことでよしとしたい。

県道1号線は天竜川と飯田線とつかず離れず三つ巴となって、山あり谷あり、そして県境を越えて続く素敵な道だった。

  • 長野県道・愛知県道・静岡県道1号飯田富山佐久間線の実走データ
    実走時間:6時間15分(※途中の停車や、取材時間を含む)
    実走距離:136.6km(※長野・愛知県境通行止めによる迂回ルート47.8kmを含む)

県道1号線の終点近くに立つ看板。たしかに三遠南信自動車道が開通すれば周辺の交通事情は劇的に変化するだろう